おかしいと思うことには「おかしい」と声を上げる

本日から大きな話題となっている「Go To トラベル キャンペーン」が始まりました。

政府による経済政策のひとつですが、多くの国民が

 

新型コロナ感染者が拡大している今するべきなのか?
この予算(税金)を医療従事者に支給するべきでは?
キャンセル料はどうなるのか?

 

などなど、その場凌ぎのような政府の施策や対応に様々な意見が飛び交いました。

 

思い返せば、特別定額給付金も当初の規定に対し不満の声が上ったため、結果的に全世帯に給付されました。

今回の「Go To トラベル キャンペーン」も同様で、不満や疑問の声が上がり見直しされてのスタートとなりました。

また、つい数日前ある女優さんがSNS上で誹謗中傷されたことに対し投稿者を名誉棄損で控訴し、

約2年かけ示談が成立したというニュースもありました。

 

ここから学べることは

 

「おかしいと思うことは、おかしいと声を上げる」重要性です。

 

これは普段の生活でも同じです。

 

おかしいと思ったことを、なんとなくそのままにしたり、泣き寝入りした結果、

自分だけ嫌な目にあったり、人と比べて自分はツイていないと思い込み無気力になってしまったり、

報われない我慢をずっと強いられることになります。

 

友人知人、親兄弟、パートナー、上司、部下など、誰に対しても自分の気持ちを察してもらうことを期待するのではなく、きちんと言葉で伝えることが理解してもらうことに繋がります。

 

心地よい毎日は運や誰かが与えてくれるものではなく、自分で作り上げるものです。
出口の見えない我慢をせずに、勇気を出して声を上げましょう。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Un thermomètre du chat

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode