終息のために自分ができること

新型コロナウィルスの感染者が増える一方の毎日ですが、
感染者が増加した先週末も老若男女、子供連れの家族が昼夜問わず多数人で集まり、口元を覆うことなく大声で話しながらお花見をする姿を多く目にしました。

 

多くの方は外出を自粛し、家でくつろがれたことと思います。

 

けれども、

 

自分の周りは誰も感染していないからそんなに神経質になることはない
自分は体力に自信があるから大丈夫
自分はうがいも手洗いもすごく気を付けているから平気

 

など、気の緩みから感染リスクを意識しない行動を取っていたら広がる一方です。
また、無自覚、無症状の方もたくさんいることも公表されています。


自分は大丈夫、この驕りが自分の大切な人の日常を奪い、最悪命まで奪うことになりかねないのです。

 

近所の散歩も、ジョギングもできます。

食品も購入でき、在庫も豊富にあります。
飲食店のテイクアウトもできます。
ライフラインに問題はありません。
この状況が一生続くことはありません。

 

これ以上感染を拡大させないことが、早い終息につながります。

現在も医療従事者の皆さんは「自分も罹患する」という常人の想像を絶するストレス、リスクと毎日向き合いながらも救命に真摯に取り組んで下さっています。

 

このようなことを少しでも想像できたら、自ら正しい情報を収集し、不要不急の外出を自粛しましょう。

 

今までの考え方や生き方、価値観を見直す時です。

そのために自分ができることを確実に実践しましょう。
相手を思いやり、守ることは自分を守ることにもなるのです。


ご存じの方も多くいらっしゃると思いますが、

先月下旬よりずっとこの方のfacebookの投稿を追っていました。
ForbesJAPANに記事が公開されましたので、併せてご覧ください。


「これで「軽症」と言うのか。新型コロナ感染で入院中、渡辺一誠さんの手記」
 

ほかにもtwitterなどで医療従事者、細菌の研究者、感染者の方の投稿が複数あります。
事実を知って、自分の行動に反映させましょう。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Un thermomètre du chat

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode