持続可能な開発目標

昨日、2014年に最年少でノーベル平和賞を受賞したマララさんと環境活動家として精力的に活動しているグレタさん。
世界に向けて影響力のあるこの2人がマララさんの在籍するオクスフォード大で面会したというニュースが報じられました。

アジアでは香港の周さん(アグネスさん)しかり、世界では真摯に未来を考え、行動を起こしている若い方々がたくさんいらっしゃいます。

 

日本でも学校教育で最近よく耳にするのが、2015年9月に国連で開かれたサミットの中で世界のリーダーによって決められた、国際社会共通の目標SDGs( Sustainable Development Goals )です。
掲げられている17の目標は

 

1.貧困をなくそう
2.飢餓をゼロに
3.すべての人に健康と福祉を
4.質の高い教育をみんなに
5.ジェンダー平等を実現しよう
6.安全な水とトイレを世界中に
7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
8.働きがいも 経済成長も
9.産業と技術革新の基盤を作ろう
10.人や国の不平等をなくそう
11.住み続けられるまちづくりを
12.つくる責任 つかう責任
13.気候変動に具体的な対策を
14.海の豊かさを守ろう
15.陸のゆたかさも守ろう
16.平和と公平をすべての人に
17.パートナーシップで目標を達成しよう

 

時代が違うので、達成すべき目標も自分たちの子供時代とは違いますが、
小学生の時からこういったことに触れ、その目標に向けて自分は何ができるのか、どうなっていきたいのか、ととても広い視野を持つ機会を与えられます。

 

さあ、では今の大人はどうですか?


今働き盛りの40〜50代をはじめそれ以上はインターネットも何もない時代に学校教育を受けたので、情報量も教科書と百科事典と報じられるニュースのみでしたが、今は家に居ながらにして世界中の情報を得ることができます。

 

時代は大きく変わりました。
大人はどうしても変化を嫌い、既存の概念にとらわれて視野が狭くなりがちです。
「前例がない」「今まで通りでいい」が大好きです。

この17の目標は裏を返せば今の大人が成しえなかったこと、または悪化させてしまったものです。

 

老害と言われないためにも、「今だけ・金だけ・自分だけ」という狭い視野、物質中心の価値観を手放さなければなりません。

自分にできることは何でしょうか。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Un thermomètre du chat

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode