食とこころ

よく「食べることは、生きること」などと言いますが、食べたものが体を作り、心にもつながっているからこそ、疎かにできないわけですね。

そういえば以前キレやすい子供やうつ病はインスタント食品や化学調味料を取りすぎと関係していると話題にもなりました。

なので、栄養バランスや、質の良いものを採るという心がけも大事ですが、反対に心からのメッセージも食に現れます。

気が進まなかったり、気を遣う食事会の後はいったい何を食べたかはっきりせず、帰りがけに友達と食べなおしたり、帰宅後に何かつまんでしまった、なんてこともよく聞きます。

また、心を開けない相手とはなかなか食が進まないもの。
皆さんにも気になる人との初めての食事の時など、緊張で食べれなかったり、味がよくわからなかった、といようなことがあったのではないでしょか。
これも「相手にどう思われるか」ということばかりに気を囚われてまったく心が開かれていない状態だからですね。

なので、皆さんも食べる気が起こらない、人と一緒に食べたくない、というような時は心が人とのコミュニケーションを避けている状態かもしれません。まずは心に問題がないかのバロメーターになるのです。

また、以前食べ物の好き嫌いの多い人は寛容性に欠けるという「偏食と精神の柔軟性は関連する」という意見を聞いて納得したことがあります。 食と心の関係は人そのものを表すことがなきにしも、侮れないですね。

画像は先日大学時代からの友人が遊びに来た際に作ったランチプレート。
キヌアのサラダなどパワーフードを取り入れ、ちょっと気合を入れて凝ったベーグルを焼いてみました。

ちょっとワクワクするような食べ物をいただくことで気持ちも上向きになります!
暑い毎日が続きますし、ついつい時間がないとおろそかになりがちな食を見直してみませんか。
こころが変わってくるかもしれませんよ!

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Un thermomètre du chat

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode