察するだけでなく伝えること。

前回は、“自分の気持ちを相手に伝えることが苦手なので、伝えようとがんばるより察してほしい”という気持ちが先立ち、コミュニケーションがままならなくなることに触れました。多くの日本人は察することはできても、自分の気持ちや考えをアピールすることが苦手な方がまだ多いようです。

「自己主張しすぎでは」
「嫌われるのでは」
「相手の気分を損ねるのでは」
「だったら何も言わないほうがいい」
と、自分がはっきりしないばかりに「こんなはずでは」となりがちです。

自分の気持ちをわかりやすく伝えることは、自分のためではなく相手のため。
よりよい関係を人と築くために必要不可欠です。私がいつもお伝えしている、「赤味噌白味噌の法則」ですね(笑)

いかに人とよい距離や関係を保ちつつ、相手も自分も同じように尊重できるか。理屈でわかっていてもなかなか実践が難しいと多くの方がおっしゃいますが、ご安心ください!!

里岡美津奈さんの最新刊、「伝説CAの心に響いた 超一流のさりげないひと言」。ここに会話の心構えや伝える力の磨き方、その実践例が惜しみなく挙げられています。

中でもシーン別の
「ひと味違う!気くばり会話術」
「言いにくことを上手に伝える方法」
など、だれでにもすぐ実践できるように、聞き方、頼み方、応え方の技術を分かりやすく説明されています。

自分の気持ちが伝えられず、いつももどかしい思いや苦しい思いをしている方だけでなく、ご自身の会話に磨きをかけたい方も是非ご一読いただきたい著書です。

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Un thermomètre du chat

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode