誰もができることを誰にもできないくらい繰り返すこと

金曜日に毎年秋恒例、美輪様の「ロマンティック音楽会」に行ってまいりました。

春は舞台、秋は音楽会、思い起こせばもうかれこれ20年以上私の生活の一部になっている大切な心の栄養源です。

丁度先日心理カウンセラーの先生から、
「新しい能力を身に着けるには、誰もができることを誰にもできないくらい繰り返すこと」
というピーター・F・ドラッカーの言葉をご紹介いただいたのですが、まさにこの時私は美輪様のことが真っ先に思い浮かびました。

この誰もできないくらい繰り返している実践があるからこそ、美輪様の歌、言葉には重みと真実味があり、そして多くの人の心に届くのだ、と。

その時人を感心させるような口当たりのいい言葉を言うことはテクニックでいくらでもできるようになりますが、自分の経験値が上がったり、俯瞰でものが見れるようになると、何とも陳腐なものに感じられたり、まるでメッキがはがれるように、輝きを失っていきます。

けれども経験と感動と、実践に裏打ちされた言葉は、重みがあり、オリジナルであり、何十年経っても輝きを失わず、自分の成長に合わせるかのように毎回違った感動と学びをもたらしてくれます。

私は10代で美輪様を知り、物事の真実を見抜く目を養わせてていただき、感謝ばかりなのですが、そこで終わらず、この軸を太くより強いものにしていきたいと思いました。

美輪様の舞台や音楽会同様、それが本物であれば何度も繰り返すことで更に新たな何かが見えてきます。
皆さんも馬鹿らしい、意味がないなどと思わずに繰り返しの先に見えるものを信じて歩き続けてみませんか。
ここに偉大な生き証人がいますので(笑)

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Un thermomètre du chat

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode