執着からの解放


映画大好きの私なのでいろいろ作品を見てはいたのですが、今一つピンとくるものがなく、久々のレビューです。

それは、待ちに待ったクリストファー・ノーラン監督の「バットマン」シリーズ3部作、完結篇の「The Dark Knight Rises」です。

2005年、1作目の「Batman Begins」2008年、2作目「The Dark Knight」、そして今夏、3作目でついに完結しました。
もちろん先行で観に行ってきました(笑)

以前2作目の「The Dark Knight」のレビューでも書きましたが、アメコミやヒーローものも特に思い入れのない私でも、この作品のテーマとしてある、憎しみや怒り、哀しみという人の心の闇やトラウマが何故できたかということも実は愛を求めるがゆえの寂しさであったり、人としての弱さであったり、大我と小我が入り混じりつつも、結局はどんな行為も人に愛されたい、理解されたいという気持ちが根本にあり、そこが満たされることで癒されていくというような、深〜いテーマがあるので見逃せないのです。

人は愛されたい、愛したいゆえに間違った行動も取ってしまうし、意地になって後戻りできなくなってしまい、苦しんだり(自分自身から解放されない執着するがために自らが起こしてしまう不幸ですね)
けれども全ての人に神我があるからこそ、そこに従って生きることで成長していきたいという気持ちも見え隠れする複雑な葛藤が3作通して伝わってきました。

そしてお決まりのように自らが蒔いた種は自らが刈り取らなければならないというカルマの法則でしっかり締めくくられます!
(本日(28日)公開なのでネタバレしないようにしてます!)

本当によくできた3部作で、特に最終作は私の大好きな役者さんばかり出演されていて、
3時間という長編でしたがぐいぐい引き込まれて観てしまいました。
ご興味のある方は作品を通じてその奥に隠れているテーマを感じてみてくださいね!

観に行かれる方は1作目、2作目を見てから行きましょう(でないと話が全くつながりませんのでご注意を!)
あと、銃撃戦などのシーンもあるのでアメコミ原作とはいえ大人向け作品です。


◇余談◇
ジョセフ・ゴードン・レヴィット、今回もかっこよかったです。
マリオン・コティヤールにアン・ハサウェイは文句なしにはまり役でした。
ちょこっとキリアン・マーフィも出ていて感動!!←何気に3作全部に出てます♪
けれどもびっくりは「インセプション」のイームスこと、トム・ハーディが肉体改造?!して激変してます!
これは見ごたえアリ。

マニアネタだと「クリミナルマインド」のJJの旦那さん役のジョシュ・スチュワートも頑張ってましたよ〜!
相変わらずNice looking guy!


コメント
まさに今日見てきました!しかも、1、2作みずにバットマンだと気がついたのは途中で笑
長かったけど、
あっという間でした
良かったです
  • Tajima
  • 2012/07/29 12:08 AM
Tajimaさま

公開初日ですね!
是非、1,2作DVDでご覧になってみてくださいませ。
ああ、あれか、とつながりますよ〜。
(リーアム・ニーソンが出てきた意味や、ハーヴェイ・デント(アーロン・エッカート)との関係などすっきりするかと♪)
特に2作目「The Dark Knight」は故ヒースレジャーのジョーカーに鳥肌が!!(と私が興奮気味(爆))
  • Kiki
  • 2012/07/29 12:24 AM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Un thermomètre du chat

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode