2011.10.02 Sunday

トレッキングデビュー


先日、日頃の運動不足解消のために、初秋の尾瀬にトレッキングに行ってきました。
お天気にも恵まれ(紫外線アレルギーにはキビシかったですが(汗))トレッキングに相応しい気持ちのいい一日でした。

尾瀬と言えば平坦な木道のコースを思い浮かべますが、湿原以外では思いのほか激しいコースもあり、「鎖場」(鎖を伝って上り下りするような険しい山道)も初挑戦。
7時間強で23km歩いてきました。

そこで実感したのですが、素人考えで、登りのほうがキツイ印象があったのですが、急な下りよりも断然登りのほうが体も脚も楽なのです。
勿論物理的に下りのほうが重心が高い位置にあるので、足元が不安定等々の理屈はありますが、やはり人は上に向かって前進する、登るべきものなのだ、と本能的に実感しました。

以前美輪様は「人の足は蟹のように横に進むのではなく、前に進むためについている」と著書でおっしゃっていましたが、その言葉を思い出したりして、トレッキングにしては深い一日になりました(笑)

前に進むために、そして上を目指して成長するために人は生まれてきたのですから、今生という険しい山を一生をかけて登り切ってから魂の故郷に帰りたいものです。

※画像はこの日の尾瀬です。
早朝のせいか人影もなく、雲ひとつない晴天でポストカードみたいです♪

comment

post a comment

calendar

<< December 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

Un thermomètre du chat

facebook

La lune

CURRENT MOON

entry

category

archive

link

profile

comment

other