仕事と偏見

皆さんもご存知の通り、第81回米アカデミー賞 外国語映画賞を受賞した「納棺師」という職業を広く一般に知られることとなった映画「おくりびと」です。
以下ネタバレです。

実はずいぶん前に観ていたのですが、自分の中で消化できず今になってしまいました。
納棺師という仕事は素晴らしい仕事ですし、映画も感動的で涙なくしては見られませんでした。
特に山崎努さんの演技は素晴らしく、この方なくしては成り立たない映画ですし、本木雅弘さんの身のこなしは優雅で、自分の死後、こんなにプライドを持って納棺していただけたらどれだけ素晴らしい旅立ちになるか、と心から思うのです。

けれども・・・ネックはここからです。
映画の中では、オーケストラのチェロ奏者だった夫が楽団の解散により、田舎へ戻りひょんなことから納棺師になるのですが、この妻がね〜最悪なんです。
妻に黙って夫は納棺師の仕事をしていたのですが、仕事がバレた途端、「けがらわしい」と言い放ち、実家に帰ると言いだし、それっきり。
おまけにここからが最悪で、なしのつぶてでいた妻が妊娠発覚と同時にのこのこ戻ってきていきなり夫にむかって「子供に堂々と言えないような仕事は辞めてくれ」、というような大暴言を吐き捨てる始末。

このあたりで一気に感動は冷め、くらくらしてしまいました。
(じゃあ法医学者だったらよかったのかしら???なんてイジワルな考えまで浮かんでしまったわ:(爆))

確かに、田舎という土地柄、死を忌み嫌う方は多いでしょうし、これは一般的な人々の反応なのかもしれません。
けれども、妻がですよ、夫の一番の理解者であるべき人間があり得ません。
仮にも自分が愛する人間が、なんでこの職に就いたのだろうか、とか決して楽でないこの仕事を続けていくということにはどんな理由があるんだろうとか、想像力があれば分かるはずです。きちんと訊ねて話し合うことだってできたはずですよね。
正直、どれだけ夫を傷つけているかを全く想像できず、その仕事の内容もよくわかっていないのに頭ごなしに否定とは・・・。(涙)

まあ、ここで血圧がだいぶ上がってしまったのですが、(とはいえ映画ですから、焦点がぶれてしまうので、ここまで熱く思ってしまう私もどうかと思いますけど(苦笑))最後は彼の仕事ぶりを目の当たりにした妻は理解してくれるのですが・・・。
ある意味お互いに言葉が足りない未熟な夫婦が本当に理解し合うことができてハッピーエンドなのですが、個人的には偏見とご都合主義と想像力の無さが心地悪く、もやもやする映画でした。
この映画を何で見たのだろう?ということを考えると、きっと私の中にも何か凝り固まった偏見があるために、その「おしるし」なのかもしれないと思いなおし、襟を正した次第でした。

職の貴賎は一切ありません。どれくらい真摯にプライドを持ってその仕事に臨んでいるか、それだけです。
当たり前のことなのに、私たちの目はごく身近な人にまで「どう見られるか」ということで思い悩み、濁ってしまっているのかもしれません。

あと、皆さんはご存知と思いますが、死は忌み嫌うものではなく現世の卒業でしかないですからね〜。納棺師は素晴らしい「卒業」のお手伝いですね。

コメント
私もこの映画を観て、同じように感じていました。
妻は理解しようという努力もなく、「けがらわしい」って勝手に旦那の仕事を決めつけちゃうって・・・
好きでこの旦那と結婚したのではなかったの??
ちょっとこの脚本はどうなの〜

って、スッキリしない感じでした。
広末ちゃんはかわいいけれど。

失業したショックを乗り越え、生活のためにやむを得ずでも仕事を再開したんだから、それで良いですよねぇ。

男気ある旦那ですわ。

うちのダーリンも失業した時はそれはショックと怒りで荒れましたが、死刑宣告じゃあるまいし、まぁいいんじゃないの〜となぐさめました。

今もって失業中ですが、人生の夏休みと思って、焦らずに穏やかに過ごしてほしいです。
ビルダーナースさま

>失業したショックを乗り越え、生活のためにやむを得ずでも仕事を再開したんだから、それで良いですよねぇ。

おっしゃる通りですよね。
チェロ関連で頑なに探したりしないで、changeとはまさにこのことかと。
(米で受けた訳も分からなくないですね。このご時世ですから)
こんな時だからこそ、人間力が試される時代。

あせらず一歩一歩でもいいので冷静に対処することだけですよね。
実力や才能はあるのですからね!
  • Kiki
  • 2009/08/25 11:03 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Un thermomètre du chat

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode