The Dark Knight

ここにきてようやく毎日の生活パターンが安定してきたので、やっとやっと観にいけました。
クリストファー・ノーラン監督のバットマンシリーズの2作目「The Dark Knight」です。
前作の「BATMAN BEGINS」がかなり良く出来ていたので、こちらの前評判もかなり好評でしたが、正直、参りました。はるかにそのレベルを超えていたからです。

作品は約2時間半という長編大作。
とはいえ時間を感じさせない俳優陣の素晴らしい演技力、そして見るものを引きこむ映像、そして魅力ある脚本。どれをとってもかなりのレベルです。
正直私はアメリカンコミックには全く興味がなく、知識ゼロなのですが、これは見る価値ありです。前作から引き続き見ることをお勧めします!

以下ネタバレですが、内容が素晴らしいのです。
大切な人を殺されて、小我によって復讐の悪魔と化したトゥー・フェイスになってしまったホワイトナイトと呼ばれた正義の検事。
反対に大我によってあくまでもダークナイトとしてヒーローとなることではなく、ゴッサム・シティを守るバットマン。
そしてそのどちらでもなく、性悪説を信じ、人の心の暗い部分を引き出すことにのみ喜びを見出すジョーカー。

このバランスはまさに現世の状況そのものと思いました。
誰もの心の中にこの3人が住んでいて、そのバランスが変わるたびに自分は何者にもなる可能性があると思わずにはいられない、観る人の経験や感性によって何通りもの捉え方のできるもの凄い作品です。

こういった内容の映画が評価される=求められる、ということは何だかうれしい気がしました。やはり多くの人が自分の中にある「神我」を感じることができるからです。
機会があれば前作と合わせてご覧になっていかがでしょうか。

コメント
正直バットマンシリーズとは縁遠かった私です(だってなんだか・・・(笑))
ですが、Kikiさんの↑ネタバレ記事を読んでるうちに
「なるほど・・」と思わずにはいれません!!

なんだか見たくなりました^0^
  • kei
  • 2008/08/16 9:16 PM
keiさん

>バットマンシリーズとは縁遠かった私です

同じくです(笑)
私も以前映画のシリーズはアメコミそのもので
(大昔、プリンスがテーマ曲を歌っていた頃です)興味がなかったのですが、
今回と前回の2作は侮れません!

人としての強さとは、そして弱さとは何か、を考えさせられました。
keiさんも楽しんでいただける作品ではないかと思います♪
  • Kiki
  • 2008/08/17 3:13 AM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Un thermomètre du chat

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode