2018.04.12 Thursday

ままならないときに考える7つのこと。

カウンセリングやブログを通じて、いつもみなさまにお伝えしている話なのですが、自分に起きるすべての出来事は「宿命」か「運命」か、どちらかでしかありません。

 

良いことも悪いことも、誰かのせいや何かのせいでなく、自分の「思い・言葉・行動」の映し出し。

 

中でも辛いことや苦しいことに関しては自分の未熟な部分があぶりだされています。

 

ある作家の言葉があります。

 

つらいことが多いのは、感謝を知らないからだ
苦しいことが多いのは、自分に甘えがあるからだ
悲しいことが多いのは、自分の事しか考えないからだ
怒ることが多いのは、我がままだからだ
心配することが多いのは、今を懸命に生きていないからだ
行きづまりが多いのは、自分が裸になれないからだ
あせることが多いのは、行動目的がないからだ

 

まさにその通りですね。
すべての理由はどこにあるのか、悩むのではなく考える。
そこを理性で分析することができて、初めて解決法が見えてくるのです。

2018.03.31 Saturday

すべて良縁。

桜も満開を過ぎ、いよいよ春本番。
春は新しい季節の始まりですが、この時期に多くなるのが人間関係のご相談です。

 

どうしても好きになれない人がいる
とにかく苦手で接し方がわからない
顔を見るだけでイライラする

 

などの人間関係のストレスを抱えている方が少なくありません。
こんな時こそ「苦手、嫌い」という感情に走らずに、

「なぜ苦手なのか、イラっとしてしまうのか」

を理性で分析してみることが大事です。

 

そもそも誰と出会うかは宿命なので、ご縁のある人としか出会いません。
けれども、そのご縁をどう活かすは運命。

宿命は変えられませんが、運命は自分次第で変えることができます。良くするのも悪くするのも自分次第。

その出会いから何を学ぶ(自分を見つめる)か。ここが重要です。
人にマイナスな感情を持つのは、3つの理由があります。

 

1:自分の嫌な部分を相手の中に見たとき

2:自分とペースも価値観も真逆で、全くかみ合わないとき

3:自分がどんなに頑張ってもできないことを、簡単にやられたとき

です。

 

1は「 はっきり自分の意見を言わない優柔不断な相手にイラっとしたものの、自分も優柔不断で同じように悩んでしまうことがある」など自分の欠点を相手の中に見たときです。
ですので、このような場合は自分が変わりなさい(成長する)という促しです。

 

2は他者に対して「人としてこうあるべき、常識としてこうするべき」と、自分と同じ価値観や判断基準を持つことを期待する思い癖(依存心)をなくすことと、「人はそれぞれ、みな違うもの」という想像力と柔軟性、他者を受け入れる寛容性を持つことへの促しです。

 

3は「 〇〇さんは上司に媚びて可愛がられてずるい。実力もないのに口ばっかりうまくて出世した」などとつい言ってしまうようなときです。
もちろん、そういう人を好きになれとか見習えとは言いませんが、好きではなくても「どうでもいい、自分はその人とは違う」と思えばいいだけなのです。
愚痴を言いたくなってしまうということは、自分の心のどこかに「自分だって可愛がられたい、自分もあわよくば言葉巧みに出世したい」と思っているゆえに、そうできない自分がもどかしく、できている人に嫉妬して攻撃したくなるのです。
だから「自分は媚を売りたくない、口ばっかりの人は最低」と気にかけて、そうできない自分を正当化しようとします。

つまり、嫉妬から愚痴を言うくらいなら自分もコミュニケーション上手になって気に入られるように「郷に入れば郷に従え」の気持ちで、意地を張らずに気を利かせなさい、という促しです。

 

「私はそうなりたくない」と我が道を行く選択肢もありますが、この場合は自分の軸がぶれないので、他者と比べてイラついたり、愚痴を言うことはありません。

 

いずれにしても、大事なのは「人が云々」でなく、自分はどういった人間なのか、自分の未熟な部分を身近な人があぶりだしてくれていることに気づくことです。

 

人間関係のすべては相手ではなく自分のこと。自分の「思い・言葉・行動」の映し出し。

 

苦手な人や嫌いな人との出会い、こういったままならない人間関係こそが、自分がどう成長してけばいいのかの気づきを促す成長への第一歩。

それが分かれば、心からすべての人とのご縁に感謝することができますね。

2018.03.13 Tuesday

思考が運命を変える

誰もが自ら望んで目標を持ち、この世に生まれてきたのですから、自分の理想や夢を実現させたいと思うものです。


けれども、それを実現できる人と、頑張っているのになかなかできない人がいるのはなぜでしょうか。

自分の思うような未来や夢を実現させるためには、自分の強みと弱みを客観的に分析して、活かすべく努力しなければなりません。

 

そして、その過程で思いついたよいと思ったアイデアも、世の中の需要がなければ自己満足で終わってしまいます。的確にニーズを掴み、そこに独自のアイデアを加えて、人の喜びに貢献すること。このような基本中の基本を実践することが、実現への第一歩です。

これだけを徹底的に取り組んで実践するだけでも結果は後からついてきます。でも、多くの人が陥りやすいのが


「どうせ自分なんて特に優れているわけでもないし」
「今からやっても結果につながりっこない」
「これで食べていくことは無理だろうな」

 

など、始める前から採算や結果ばかり気にするマイナスの思考です。これがうまくいかない原因になるのです。

 

マザー・テレサの言葉で、ご存知の方も多いかと思いますが、


 思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
 言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
 行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
 習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
 性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。


とあります。

 

いつもお話ししている通り、「運命」は自分の思い・言葉・行動の結果。
決して誰かのせいや、何かのせい、ツイている・ツイていないなど運気のせいで変わるものではありません。
「運命」は自分でコントロールするもの。

 

夢の実現という花が咲く前に、自分の思考でその花のつぼみを摘んでしまわないように、
そして自らが摘んだのに「私の花はいつまでたっても咲きません」と自分が見えない状況に陥ったり

「初めから咲かない気がしていました」などと言い訳しないように、

まずは「思考」から気をつけていきましょう。

 

本当は誰でも自分だけの花を咲かせることができるのです。

2018.01.01 Monday

初詣とおみくじ

2018年、あけましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。本年もよろしくお願い申し上げます。


お正月といえば初詣に行かれる際、


「有名な神社に行ったほうがご利益がありそう」
「仕事で結果を出したいから勝負運が良くなる神社に行こう」
「良縁に恵まれるように縁結びの神社に行こう」


などと思う方もいらっしゃるかと思いますが、初詣はまずは氏神様に今までのお守りに感謝しつつ、「引き続き今年もよろしくお願いいたします」という気持ちをもって、ご挨拶にいきましょう。(他に敬う神社があってもまずは氏神様へお参りしましょう。
これはお伊勢参りの前も同様です。お祈りの際は、自分の住所、氏名を名乗ることを忘れずに!)
そこで今年の誓いを立て、自分の努力に対して導きがいただけるようにお祈りましょう。
なので「ああしてください、こうしてください」という他力本願のお願いをしても意味がありません。


また、おみくじを引く場合はお祈りの際に、こういうことをしたい、精進していきたいことを伝え、それに対して「これからおみくじを引きますので、そこにお言葉をください」と祈ってから引くとこたえをいただくことができます。
大吉や凶といったことは関係なく、あくまでもそこに書かれているメッセージをしっかり読み取りましょう。

 

早速実践してみてくださいね。

2017.12.18 Monday

初夢はいつ見る夢?

つい最近

「こんな夢をみたのだけど、どういう意味だったのか」

というご相談があり、その話から季節柄「初夢」の話になりました。

 

よく、元日?2日?どちらの夜見る夢が初夢なのか、などと聞かれることが多いのですが、実はスピリチュアルな視点から見ると冬至の頃に見る夢が初夢であり、これからの一年に必要なメッセージを知らせてくれているです。

ですので、ベッドサイドにメモなどを用意して(最近ではスマホの音声入力なども便利ですね)象徴的な出来事やワードがあった場合は夢の内容、そして受けた感覚などを忘れないうちに記しておきましょう。

 

夢を見たときには全く意味がわからない、というようなことでも、書き残して読み返すことで後々同じような感覚を味わったり、意味が理解できたりすることがあります。

 

よりメッセージ性のある夢を見るためにも(苦しい、と思ったら猫が自分の上に乗っていた、とか、追いかけられる夢をみたけど、試験が近く切羽詰まっていた、というような夢は寝ている環境や、自分の思い癖やトラウマがあらわされたもので、メッセージドリームではありません)忙しい時期であっても休息をおろそかにせず、心も体も安定した状態に整えることで正しくメッセージを受け取れるようにしましょう。

2016.10.31 Monday

収穫祭

誰でも日々いろいろ悩んだり、人の悩みを聞いたり、相談を受けたりと生きている限り悩みはつきものですが、その解決方法を知っている人と、知らない人では大きな違いがあります。

 

「人の振り見て我が振り直せ」

 

という”ことわざ”がありますが、いつもお話ししているとおり、この世はとてもうまくできていて、無駄なことは決して起きません。

なので人のふりから学ぶことも大切ですが、自分で自分のふりを直すことができるようになっています。

 

「人から評価されたい、褒められたい」と思っている人は人を褒めたり、良い評価することができているだろうか。

「欲しがる」人は人に「与える」ことをしているだろうか。

「愛されたい」と愛されることばかり望む人は、自分から愛することを恐れていないだろうか。

「淋しい、わかってほしい」という人は人に寄り添い理解しようとしているだろうか。

 

自分の思考傾向、思い癖を分析してみれば自分には何が足りないのか、思うようにいかない理由は何なのかが見えてきます。

それは誰かの真似をすることでも、自分を人と比べて戒めることでもなく、自分が行動・実践していないことは何なのか、の気づきを促してくれます。

もちろん、撒かない種は生えませんから、いつまでたっても収穫できるはずがありません。

 

よく「幸せになりたければ、人を幸せにすればよい」などと言われますが、まさにこのことですね。


今日はハロウィーン(収穫祭)です。

まずは自分から行動を起こす、という種をたくさん撒いてみましょう。驚くくらいの収穫がありますよ!

2016.06.29 Wednesday

望みが叶わなかった本当の意味を知ろう。

早いもので今年も前半が終わろうとしていますが、地震に水害、そして数々の不正、さらには耳を疑うような凄惨な事件も続いています。

こんな暗いニュースが続くこの頃だからこそ、自分にやってくる苦難の意味をきちんと把握して、より良い結果につながるように対処していきたいですね。

そんな、苦難の本当の意味を理解して、自分の成長、幸せにつなげる「この世の真理」を謳っている詩がありますので、ご紹介します。
(有名な詩ですので、ご存知の方も多いと思いますが、140年前にアメリカの南北戦争に従軍し、戦傷者となった南軍の兵士がニューヨーク州立大学病院の病室に記したものだと言われています。)


大きなことを成し遂げるために 力を与えてほしいと 神に求めたのに
謙虚を学ぶようにと 弱さを授かった

より偉大なことができるようにと 健康を求めたのに
より良きことができるようにと 病弱を与えられた

幸せになろうとして 富を求めたのに
賢明であるようにと 貧困を授かった

世の人々の称賛を得ようとして 力と成功を求めたのに
得意にならないようにと 失敗を授かった

人生を楽しもうと、たくさんのものを求めたのに
むしろ人生を味わうようにと、シンプルな生活を与えられた

求めたものは一つとして与えられなかったが 願いはすべて聞き届けられた
神の意にそわぬ者であるにもかかわらず、全て叶えられた

私はあらゆる人の中で、もっとも豊かに祝福されたのだ

もうみなさんお分かりですね。
望みが叶えられなかったことの中に「自分の学び(生まれてきた意味)=真理」があります。

今、いろいろなことがままならず苦しい方はちょっと視点を変えてみるだけで
「自分が本当に幸せになるために必要なことしか起こらない」
と、この世の法則を理解でき、心が安定し充実した毎日を過ごすことができるようになります。

誰でも本当に必要なものが与えらえるように導かれているのです。

2016.04.17 Sunday

観念的で終わらせないために。

ここ数日「相田みつを」さんの作品を使ったCMが頻繁に流れているので、目にした方も多いかと思います。

セトモノと セトモノと
ぶつかりっこすると すぐこわれちゃう
どっちか やわらかければ だいじょうぶ
やわらかいこころを もちましょう
そういうわたしは いつもセトモノ


そして
「こんな時代だからこそ、自分も柔らかい心を持ちたい」
「イライラしないでゆとりある行動をどれるようになりたい」
「反省した」
という声を多く聞きました。

けれども実際は 翌朝、自分にぶつかってきた他人に
「なんなのあの人。誰がどう見ても100%あの人が悪い!!」
とイライラして気分は最悪。
柔らかい心はどこへやら。
終いには、「今日はついていない、自分の波長が低いのかしら?」
などと真意を考えずに終わってしまいます。

そして最後の一文の「そういうわたしは いつもセトモノ 」の言葉に

「そうだよね。みんなそう。」

と変われない自分を正当化して終わってしまいます。

観念的に「素敵、ああなりたい」「いい人になりたい」と思っても簡単に心が変わるはずがありません。

じゃあどうすれば柔らかい心が持てるのか。
ここからが霊的真理の出番です。

自分とって必要のないことは起こらないので、何らかの学びが含まれています。
「頭ではわかっているけど、なかなか自分が柔らかいものになれない」と言い訳したり、
人がぶつかってきた意味を分析せずに、無理やりいい人になろうとしたり、いつも相手が悪いと思っている限り、セトモノから石、鉄、とぶつかるとケガをしかねないより硬い相手とぶつかるという、わかりやすい形となって繰り返しやってきます。
これがいつも言う「おしるし」ですね。
ケガをしてからでも遅くはありませんが、相手がセトモノのうちに対処したいものです。

今生の自分の人生のテーマ だからこそ、
「柔らかくなれたらいいのに」ではなく「柔らかくなる、自分が変わる」という覚悟、腹を括ることが大事です。

素敵な言葉に心が動いた時は、そこに自分のテーマ、学びがあります。
真摯に自分の学びに取り組んで幸せになりましょう。

2016.04.08 Friday

試される年。

お花見もひと段落して、目黒川では花筏が川面に美しいマーブル模様を作っています。

早いもので2016年も4か月が経ち、今年の初めにお伝えした

去年はいろいろ知る年。
今年は去年知ったことについて試される年。

この意味を私の周りでも実感される方が増えてきました。
「試される」のですから予想もしなかったことが起こるのではなく
「ああ、やっぱりそのことか」
という自分でも思い当たることが元になる出来事が起こりやすくなります。

ですので、カウンセリングの際に受け取るメッセージも「以前からお伝えしていたこと、知っていたこと」が問題になり、
自分がどうそれを理解して、受け入れて、克服していくか、ここについて腹をくくりましょう。
といったものがとても多いです。

また、このところ多くのお客様から、自分が実践することを意識し始めてから最近転職したり、何かを始められる方が周囲に多くなってきたという話をよく伺うようになりました。
これは変わろうとしている自分の映し鏡。自分だけではないという促しのためにわかりやすく現れた訳ですね。

「いつか、そのうち」とか「でも、だって、どうせ」といつまでも行動せず先送りにしていると、チャンスを逃したり出遅れるだけでなく、自分を人と比べたり、焦ったりして正しい対処ができなくなってしまいます。

せっかくのチャンスを先送りしてしまうと、ぎりぎりになって本番さながら一発勝負に出なければならなくなり、
もっと前にやっておけば・・・と行動に移さなかった自分を後悔することは目に見えています。

「試される」は自分ができるから、変われるから、その実践を促されているおしるし。
今起きていることに「ああ、やっぱり」と身に覚えはないですか?

恐れず行動し、思いの実現の一歩を踏み出しましょう。

2016.03.29 Tuesday

人に感謝。

今回の勉強会では、「自分の身に起きることは良いことも悪いことも己の映し出し」というスピリチュアリズムの法則の話になりました。

だからこそ、それをどのように捉え、理性的に分析し、自分がよりよくなるためにどう活かせばよいのか考えることが成長につながります。

面白いもので「自分が引っ込み思案だと、必ず自己主張の強い人が」「自分が生真面目で正義感が強いと、不真面目でずるい人が」というように、正反対の人が身近に現れ、自分の未熟な部分をあぶりだしてくれます。

また、引っ込み思案な人には、さらに引っ込み思案な自分と似ている人が現れ、相手のはっきりしない態度にイラッとし、自分の嫌な部分を見ることになります。

どんな状況でも必ず己を知ることが出来るような人が配置されます。

なので「この人が嫌い、苦手」と感情的に思うことなく、理性で分析することで、「自分の未熟な部分をあぶりだしてくれたのだ」と気づけば、マイナスな感情が感謝に変わります。
人を裁くのではなく、自らを顧みることで成長が促されるのです。

「人に感謝」という言葉が独り歩きしているのを目にしますが、こうして真意を理解することで言葉に気持ちが込められ、重みが増しますね。

すべては己を知るため。未熟さを映し出すため。

どんな相手からも学ばせていただくことがあります。ありがたいことですね。


今回のスピリチュアリズム勉強会のお供は「苺のチョコレートプリンと苺マドレーヌ。」
どちらもヴィーガン仕様で動物性のものを使っていないので体に優しく皆さんに喜んでいただけました。
(写真が撮れませんでしたので、別の日に作ったものを💦)
 

calendar

<< June 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Un thermomètre du chat

facebook

La lune

CURRENT MOON

entry

category

archive

link

profile

comment

other