安全で美味しいもの。

食の安全が叫ばれて久しいですが、当サロンでは、

 

こころとからだの両方から余計なものを省き 「自分を知ることで本当の幸せを知り、なりたい自分になる」

 

をモットーに、安全で良質な食材を使って焼き上げたスイーツをカウンセリングのお供にお出ししております。

 

お客様からも

「今日は何が出てくるか楽しみにしていました♪」

という嬉しいお言葉をいただき、今月もやる気倍増です!

 

2月はバレンタインもあり、寒い季節はチョコレートがおいしい時期ですので、今月の前半はショコラのお菓子でおもてなし。

 

自家製のフランボワーズとルバーブのコンフィチュールを添えたとろけるフォンダンショコラ

 

ショコラとモカのオペラ

 

かわいいお花のヴィーガンクッキーを添えたフォンダンショコラ

 

などなど、甘さ控えめでおつくりしております。

子どもの頃にお母さんが作ってくれた美味しいおやつを食べたときの幸せな気持ちと満足感と安心感。

そんな気持ちを思い出していただき、カウンセリングの時間を心地よくお過ごしいただきたいです。

 

これからもカウンセリング同様、お菓子ももっと勉強して皆さんを笑顔にするお手伝いをしていきたいと思っております。


医食同源

日々感染者が増える新型肺炎ウィルスにアメリカでは今シーズンだけで8000人以上の死者を出してるインフルエンザ。

不安をあおるような情報が飛び交う毎日ですが、こんな時だからこそ、必要以上に恐れてパニックになったり、フェイクニュースに惑わされないように冷静に捉えていくことが試されます。
 

特に今年は、誰かがいいといったから、誰かがダメといっていたからなど、誰かに依存したり、敵対するのではなく、

自ら動いて正しい情報を得たり、自分の軸をもって自分の考えで生きることがテーマでもあります。

 

冷静に考えれば、どんな病気であっても自分の免疫力が高ければ外から侵入した細菌やウイルスなどを撃退してくれるもの。

十分な睡眠、適度な運動、入浴で体を温める、よく笑う、バランスの良い食事をとるなど、毎日の生活習慣で免疫力が高まることが実証されていますし、基本の手洗いやうがいで十分予防できます。

 

自分のからだは毎日食べるもので作られます。

遺伝子組み換えやゲノム編集されていないもの、農薬などできる限り使われていないもの、添加物を使っていないもの、

安全で良質な素材を無理なくいただくこと、これだけでも免疫が高まり、十分な予防効果が得られます。

 

「絶対にこれしか食べない」などと神経質になるとかえってストレスになり逆効果ですが、日々口にするものは自分の体をつくるもの。

疎かにしないでどこでどんな風に作られたものか、知らないものが記載されているときはそれは何なのか調べてみること、

ちょっとしたことから気を付けてみることで、自分をはじめ家族の健康も守ることになるのです。


食へのこだわり

皆さんもご存知の通り、当方では4年前からカウンセリングの際にお客様にお出しするお菓子を可能な限り、国産・オーガニックの食材を使って手作りしています。


というのも、やはり食べるものが体を作り、体の調子がいいことで心も安定する、という現代人が頭ではわかっていても、ついおろそかにしがちな当たり前のことを大事にすることに意味があるからです。

どんなに気持ちを強く持っても体調が悪いと気持ちが萎え、前向きに生きることは難しいですよね。

 

昨今、種子法廃止やTPP発効などにより、遺伝子組み換えの食材や、飼料を与える畜産農家などが増えることが容易に想像されます。
もともと日本は世界の中でも驚くほど多くの農薬や食品添加物の使用を認めている国です。
(アメリカの倍、ヨーロッパの3倍〜10倍という結果が出ています)
こういった食品の摂取によって癌や生殖機能の低下、うつ病や発達障がいなどへの影響を唱えている医師も少なくありません。

だからこそ、食の安全に真剣に取り組んでいる志のある農家さんやお店の食べ物を買うことで、大切にし、自分たちで安全を確保していかなければならない時代になりました。

 

事実を知ることで、危険なものにはNOと主張する。

常に自分の目で確かめて選択する。

生きることは食べることでもあります。

 

これからの人たちのためにも良いものを残していきたいですね。


旬の食材から元気をいただく。

梅雨入りし、気温の変化が激しく不安定なお天気の毎日が続きます。

こんな時は体のバランスも崩れやすく、なんとなく調子が悪い、気持ちもパッとしない、という方が多いかと思います。

そんな時は旬の食材をおいしくいただくことでエネルギーを分けてもらうこともとても大事です。

 

季節のサイクルに合わせて収穫した食べ物は、その時最も美味しく、栄養価が高く、気候や体調に合わせて私たちの心と体に必要なものを与えてくれます。

また、その食材を通して豊かな四季折々の恵みを五感で感じることができ、さらなる満足感を得ることができます。

 

食生活で大事なことは大地のエネルギーをいっぱいに受けた良い素材であることはもちろんですが、ちょっと「手をかけること」も大事です。

自然の恵みに感謝する気持ちがあればちょっとの手間を惜しまない、という行動につながり、よりおいしいお料理ができあがります。

 

この季節になると義姉が農園で手摘みしたブルーベリーを送ってくれるのですが、今年は画像のコンフィチュールとふわふわのレアチーズケーキになりました。

 

人は植物、動物の命をいただいて生かされています。

自然の恵みに感謝の気持ちをもって食材を調理して、おいしくいただく。

食べることと心の状態は密接な関係があります。

 

五感を高め、感性を豊かにするためにも、

ちょっと手をかけて、ゆったりとした気持ちで、おいしくいただく、

この時間を大切にしたいですね。


旬を楽しむ。

9月も下旬になり朝晩はだいぶ秋らしくなってきました。

そんな初秋の勉強会では旬の栗の渋皮煮を乗せた「宇治抹茶のテリーヌ」と「紫いものクッキー」をお出ししました。

 

今回初めて渋皮煮をスウィーツに合うようにバニラビーンズやはちみつを使って洋風に仕上げてみましたが、個人的には定番のお醤油やみりんで味付けしたものよりもこちらのほうが好みです!(お酒がOKな方は仕上げにブランデーを加えてもいいですよ!)

 

風の香りや空の色に四季の移り変わりを感じ、そして旬のおいしい食材を目で、舌で、楽しみながら心も体も満たされて豊かに生きていきたいですね。

 

もともと日本にはお正月から始まり、節分、ひな祭り、お花見、端午の節句、七夕、お月見・・・・と毎月のように季節を楽しむ行事があります。

いろいろ思い悩んでもそこでリセットしてまた新たな気持ちで生きていくためです。

 

心にゆとりができると視野も広がり、今まで重大な悩みに思えていたことも、よくよく考えてみたらそこまで思うことだったのかしら?と理性的に分析できるようにもなります。

 

五感で季節を楽しみながら過ごすことは古からの知恵ですね。


食とこころ

よく「食べることは、生きること」などと言いますが、食べたものが体を作り、心にもつながっているからこそ、疎かにできないわけですね。

そういえば以前キレやすい子供やうつ病はインスタント食品や化学調味料を取りすぎと関係していると話題にもなりました。

なので、栄養バランスや、質の良いものを採るという心がけも大事ですが、反対に心からのメッセージも食に現れます。

気が進まなかったり、気を遣う食事会の後はいったい何を食べたかはっきりせず、帰りがけに友達と食べなおしたり、帰宅後に何かつまんでしまった、なんてこともよく聞きます。

また、心を開けない相手とはなかなか食が進まないもの。
皆さんにも気になる人との初めての食事の時など、緊張で食べれなかったり、味がよくわからなかった、といようなことがあったのではないでしょか。
これも「相手にどう思われるか」ということばかりに気を囚われてまったく心が開かれていない状態だからですね。

なので、皆さんも食べる気が起こらない、人と一緒に食べたくない、というような時は心が人とのコミュニケーションを避けている状態かもしれません。まずは心に問題がないかのバロメーターになるのです。

また、以前食べ物の好き嫌いの多い人は寛容性に欠けるという「偏食と精神の柔軟性は関連する」という意見を聞いて納得したことがあります。 食と心の関係は人そのものを表すことがなきにしも、侮れないですね。

画像は先日大学時代からの友人が遊びに来た際に作ったランチプレート。
キヌアのサラダなどパワーフードを取り入れ、ちょっと気合を入れて凝ったベーグルを焼いてみました。

ちょっとワクワクするような食べ物をいただくことで気持ちも上向きになります!
暑い毎日が続きますし、ついつい時間がないとおろそかになりがちな食を見直してみませんか。
こころが変わってくるかもしれませんよ!

勉強会のお楽しみ♪

2月のスピリチュアリスム勉強会では体調を崩しやすいこの季節にいただきたい「林檎」を使ったアップルパイとオレンジクッキーを焼きました。

林檎は「一日一個で医者いらず」と言われますが、よく知られている整腸作用やアンチエイジングだけでなく、コレステロールや血圧を下げたり、がんの予防にもなる優れものです。

今回はパイ生地を使わない林檎の食感を楽しめるタイプを焼いてみました。
自家製のいいところは余計なものが一切入っていないので、素材そのものの味を楽しめます。また、良質な素材は胃もたれしないので後のお食事の邪魔をしませんし、最後まで飽きずにいただけます。

林檎やオレンジは生でも加熱しても皮も実も美味しくいただける本当に優れもののフルーツです。
詳しい効果は知らなくても、美味しくいただくとそれだけでこころも体もよろこびますね。

お菓子のこだわり。

11月も半ばを過ぎ、一雨ごとに冬が近づいてきますね。
この季節は気温が下がり代謝も落ち、イベントも多く疲れやすくなります。

そんな時期にぴったりな大豆や小豆やカカオを使ったお菓子をお出ししています。
豆は生命力がみなぎるパワーフード。

大豆の効果をご存知の方は多いかと思いますが、実は小豆も大豆を超えるともいわれる優れもの。
良質なたんぱく質に豊富なビタミン類、カリウムやリン、鉄、食物繊維と栄養はもとより、
解毒作用に優れ、二日酔いにも効果抜群。中性脂肪やコレステロールを低下させる働きがあり、高血圧の予防、さらに利尿効果がたかくむくみを取ってくれるなど、寒くなってきたこの季節にうれしい効果があるよくばり食材です。

からだに優しく良質な国産の有機素材を可能な限り使い、こころもからだも癒されるひとときをお過ごしいたけるよう、美味しいお菓子をおつくりしてみなさまをお待ちしております。

※画像は「きな粉とおからと小豆のマフィン」と「こくうま抹茶プリン」です。
ヴィーガンスウィーツなので胃もたれせず体に優しく癒されるお味です。

合羽橋デビュー♪

先日、午前中だけポコッと時間が空いたので、以前からお友達に「絶対にはまるよ〜」と言われて気になっていた「合羽橋」デビューしてきました。

お目当てはもちろん製菓や製パン道具♪
沢山の道具に囲まれてテンションが上がります(笑)

いろいろなお店を見て回っていると、同じような道具とはいえお値段が全然違います。
日本製だったり、外国製だったり、コーティングのあるなしで当然変わってくるわけですね。

安かろう悪かろうとは思いませんが、かなりの高温で使用するものですし、
お客様の口に入り、体になるものを作るわけですから、気持ち的に納得出来て安心できる道具を購入してきました。

新しいお気に入りの道具に囲まれて製作意欲も満々です。
早速夏らしいオリジナルのレシピでパンやお菓子を試作中!

皆さんにお味見していただきたいです〜。(*'▽')♪

手作りスウィーツを作る理由

食べるものは体を作る源だけに、以前からいろいろと思うことがありました。

そこで、心だけではなく体からも余計なものを省き、自分に本当に必要なもの、不必要なものは何かを知り、ぶれない軸を持つきっかけになればという思いから、去年よりカウンセリングの際にお出しするスウィーツは良質な素材で手作りしています。

世の中はモノや情報が氾濫する玉石混淆の時代です。パンひとつとっても、スーパーやパン屋さんに並ぶ多くのパンと、安全な国産小麦を使ったパンとは一見区別がつきませんが、中身は全く違ったものです。

カウンセリングのおともに、良質な素材でお作りしたスウィーツやパンを召し上がっていただければ、天然酵母の焼き上がりの香りのよさや国産小麦の深い味わいを感じていただけると思います。

普段口にする機会の多い身近な食べ物だからこそ、本物を見極める目を養っていただけるはず。

そんな気持ちも込めて、いつもカウンセリングにお出しするパンやスウィーツをお作りしています。

| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Un thermomètre du chat

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode