「考えたくない、変わりたくない」ことに潜む危険

今年に入ってから「変わることの大切さ」についてブログでお伝えしていますが、
何度も触れるのは、人は「変わらないこと」を望んでしまうことがあるからです。

 

このところの災害時の避難勧告のニュースで「正常性バイアス」という言葉を耳にされた方もいらっしゃるかと思います。

これは心理学用語で、自分にとって不安につながる都合の悪い情報に対して「自分の心を守らなくてはいけない」気持ちから、無視したり過小評価してしまう人の特性のことを指します。

 

危機に直面した方の実体験では、ストレスを軽減させるために情報をシャットアウトして
「大丈夫、何も問題ない」と自分に思い込ませ、防災サイレンの音や避難勧告放送が聞こえなくなり、逃げ遅れてしまう例もありました。

 

今回の都知事選挙でも同じような作用が起きました。

現在はコロナ禍ということもあり、先の見えない不安を回避したい気持ちから、

「現状を知りたくない、不利な情報を聞きたくない、都合のいいことしか見たくない」と変化を恐れ、「現状維持を望む」ことで安心する。

これは「認知的整合化」という心理作用で、今回は現職が圧勝しました。

 

いずれにせよ現実に向き合わず「知りたくない、聞きたくない 自分は大丈夫」と変らないことを良しとする心理が原因です。

その結果として自然災害から逃げ遅れてしまう悲しい事態が起こるかもしれませんし、東京都では新型コロナ感染者が急増しています。

 

現状をよりよくするために大事なことは、常に現実に向き合い、事実を理性的に分析して、第三者に依存せず、まずは自分が変わることです。

 

自然災害を最小限に抑えるにはどうしたらいいか。
異常気象が異常ではなくなってきた現実の中で、自分たちの生活をどう変える必要があるのか。
世界的に二極化し分断が進む社会に対して、どうしていくことが幸せに繋がるのか。
そして、どのような指導者が適任なのか。

 

自分の生き方、地域や国の状況、世界の状況。すべては自分の行動から始まります。
問題を抱えているならば、自分自身が考え方を変えていくことでしか改善は望めません。

そして、そうすることが希望ある未来を引き寄せることになります。


コインで人生を決める?

先日、とても興味深いニュースを目にしました。

 

現状維持より変化を選べ!2万回のコイントス実験でわかったある事実』というシカゴ大学の経済学者スティーヴン・レヴィット氏の行った実験の話で、

 

『人生の重大な決断に直面してどうしていいかわからない人たちを集めて、コイントスで「表が出たら人生の方向転換、裏が出たら現状維持」とその後の行動を決める』

 

という内容です。

 

結果ですが、コイントスで表が出たことで人生を大きく転換させた人は、裏が出て現状維持した人よりも、明らかに幸せになっていたというのです。

 

その実験結果を裏付けるように、ケロッグ経営大学院で行われた別の研究では、
長期的に見たとき、人は挑戦して失敗したことよりも、やらなかったことを後悔する確率がずっと高いことが分かっているそうです。

 

多くの人は失敗を恐れるあまり、現状維持を好み、変化を良しとしない傾向があるので、誰かが背中を押してくれることを期待したり、自分から行動を簡単には変えられないものです。

 

とはいえ、後々誰かや何かのせいにしたり後悔しないためにも、コインでなく自分の意思で物事を決めることが大切です。

 

そして、悩んだり迷ったりとなかなか決断できないときは、その時点ですでに心の奥では「変わりたい」と望んでいることが多いものです。

 

それは「変わる」ことが成長することであり、幸せにつながります。「変わらない」と成長しないので、思い通りにならないことにイライラして非難する気持ちがこみ上げ、いつまでも不幸なままとなります。

 

昔から多くの偉人や成功者が、人生に迷うときや悩むときは「困難な道を選べ」と言っています。

自分の器以上の困難を選ぶことはありませんが、「変わる」ことは自分の経験値を上げ、成長するチャンスです。

 

行動を変えれば、たとえ失敗してもそこから学び、より人間力を高められます。

変わることを恐れず、多くの経験と感動を得ることで、一度きりの人生という「旅」を最高のものにしたいですね。


幸せを自ら手放さないために

ここ数年は情報のスピード化が進んでいます。

インターネットの発展により知りたい情報や気になる話題は簡単に検索でき、新聞やテレビメディアよりも利用されている方も多いのではないでしょうか。

 

とはいえ、気をつけなければならないこともあります。

情報は玉石混淆。真実が記されている確証はないのです。

 

これはネット上だけでなく、日常生活にも当てはまります。
「あの人が言っていたから、この人がやっていたから」と鵜呑みにした結果、不確かな情報に惑わされ、自分の判断を見失ってしまうこともあるのです。

 

以前、妊娠は難しい体質と結婚前に主治医から言われた女性から、

「自分は子どもが授かれないから結婚していいものかどうか悩む」

というご相談がありました。

 

ところが霊視したところ「非常に妊娠しやすい」というメッセージがあり、逆にしっかり計画するようにアドバイスをしました。

 

彼女は主治医から言われて長年悩んでいただけに、カウンセリング直後はそのメッセージを半信半疑で気休め程度と思っていたようです。しかしそれから数か月後に授かり婚をすることになり、結婚後にはもう一人授かりました。

後日彼女から「メッセージ通りでもっと早く相談すればよかった!」とうれしい連絡をいただきました。

 

また、別の女性から

「占い師に今付き合っている相手のことを相談したところ、相性が最悪で絶対にうまくいかないし、不幸になるから結婚してはいけないと言われた。とても好きなのだけれどあきらめたほうがいいのか」

というご相談がありました。

 

カウンセリングでは「全く違う価値観を持っているからこそ学びになり、成長しあえる相手なのでむしろ良い出会いである」というメッセージを伝え、後にめでたくゴールインし、今も支えあって学びを深め合い、成長している良いご夫婦になっています。

 

ここからの学びは、どんなに権威のある人の言葉や知られたメディアの情報であっても、何も考えずに鵜呑みにしてはいけないということです。

 

言葉や情報を鵜呑みにする前に、

 

・なぜそうなのか、根拠はあるのか?
・明確な理由や証拠はあるのか?
・改善の可能性は本当にゼロなのか?

 

と、一方向ではなく様々な視点から考えて、理性的に判断していくことが大事なのです。

こういった視点を持つことで、誰かの意見や一般論、根拠のない噂や情報などに惑わされなくなっていきます。

 

先の例にあげたお二人も主治医や占い師の言葉に対して「何かが引っかかった」からご相談にいらしたのですが、その判断は先に書いた通りよい結果につながりました。

 

どんな時もまずは自分で考えてみることで正しい判断ができ、前向きな気持ちが生まれ、幸せも引き寄せることになります。


| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Un thermomètre du chat

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode