終息のために自分ができること

新型コロナウィルスの感染者が増える一方の毎日ですが、
感染者が増加した先週末も老若男女、子供連れの家族が昼夜問わず多数人で集まり、口元を覆うことなく大声で話しながらお花見をする姿を多く目にしました。

 

多くの方は外出を自粛し、家でくつろがれたことと思います。

 

けれども、

 

自分の周りは誰も感染していないからそんなに神経質になることはない
自分は体力に自信があるから大丈夫
自分はうがいも手洗いもすごく気を付けているから平気

 

など、気の緩みから感染リスクを意識しない行動を取っていたら広がる一方です。
また、無自覚、無症状の方もたくさんいることも公表されています。


自分は大丈夫、この驕りが自分の大切な人の日常を奪い、最悪命まで奪うことになりかねないのです。

 

近所の散歩も、ジョギングもできます。

食品も購入でき、在庫も豊富にあります。
飲食店のテイクアウトもできます。
ライフラインに問題はありません。
この状況が一生続くことはありません。

 

これ以上感染を拡大させないことが、早い終息につながります。

現在も医療従事者の皆さんは「自分も罹患する」という常人の想像を絶するストレス、リスクと毎日向き合いながらも救命に真摯に取り組んで下さっています。

 

このようなことを少しでも想像できたら、自ら正しい情報を収集し、不要不急の外出を自粛しましょう。

 

今までの考え方や生き方、価値観を見直す時です。

そのために自分ができることを確実に実践しましょう。
相手を思いやり、守ることは自分を守ることにもなるのです。


ご存じの方も多くいらっしゃると思いますが、

先月下旬よりずっとこの方のfacebookの投稿を追っていました。
ForbesJAPANに記事が公開されましたので、併せてご覧ください。


「これで「軽症」と言うのか。新型コロナ感染で入院中、渡辺一誠さんの手記」
 

ほかにもtwitterなどで医療従事者、細菌の研究者、感染者の方の投稿が複数あります。
事実を知って、自分の行動に反映させましょう。


緊急グループ勉強会のお知らせ

新型コロナウィルスの蔓延による不穏なニュースが国内外から伝わってくる今日この頃。

そして働き方も、生活のパターンも、大きく変わることで不安になったり、今の自分の選択に迷ったり、とにかく誰かと話して落ち着きたい。という方からのご相談が日々増えております。

 

昨年末の緊急勉強会でもお伝えしたのですが、奇しくも今年のメッセージは「破綻と崩壊」です。


いま私たちに何が問われているのか。多くの情報が錯綜し、真実が見えにくい今だからこそ、

世の中の破綻、人の心の崩壊に翻弄されることなく、自分を見失わないよう以下の緊急グループ勉強会を開催いたします。

 

「不安にならずに今を生き抜く心の持ち方 生き抜く方法」をテーマに、
参加者のみなさまからお話を伺いながら会を進めていきます。

 

新型コロナウィルス拡大防止のために、今回はご自宅やお好きな場所にいながら会話できる、Skypeを使用して行います。
(参加ご希望の方は事前にアカウントを取得をお願いいたします。)

 

以下、ご案内になります。

日時:4月11日(土)13時〜17時

方法:Skype

会費:1万円+税(11,000円)事前に銀行振込でお願いいたします。
(通常の対面カウンセリングに比べ70%以上もおトクですので、ご検討くださいませ)

※ご希望者多数の場合は別日程でも開催いたします。

ご希望の方は先着順にてお受けいたしますので、
お手数ではございますが メールまたはfacebookよりお申込みくださいませ。
ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

携帯から送信される場合、パソコンからのメールの受信拒否をされていらっしゃいますとこちらからの返信メールが受信拒否されて届きませんので、当方のメールアドレス(info@kiki-vcp.jp)または、パソコンからのメールが受信できるよう、必ず受信設定をしてください。

yahoo,hotmail,gmail等のフリーメールをお使いの場合、
当方のメールが迷惑メールとして迷惑フォルダに振り分けられたり、削除されることがございます。
当方からの返信が未着の場合は、ご確認をお願いいたします。

また、当方のカウンセリングをお受けになったことがない方につきましては、ご参加をお断りしております。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます


非対面カウンセリングのお知らせ

桜が満開の季節ではありますが、このところの新型コロナウィルスの蔓延により、

無自覚、無症状であっても陽性であり、かつ感染力は発病者と変わらないというデータが発表されました。

 

今現在治療法も確立されておらず、非常に感染力の高い未知のウィルスによる自身の感染リスクや、自らがキャリアとして大切な人を危険にさらさないためにも、不要不急の外出を自粛することが今の私たちにできうることです。
とはいえ、こんな時だからこそ心が不安定になり、不安が募ったり、誰かと話したい、自分の話を聞いてほしい、といった気持ちも高まり、今まで以上に言葉が大切で、その力が必要な時でもあります。

 

この状況を考慮し、当カウンセリングルームでは4月1日より、対面カウンセリングから、当面、

今までもご利用いただいておりましたSkype、お電話、facebook電話などを使ったカウンセリングを中心にさせてただくことにいたしました。

ちょっと聞きたい、話したい、確認したい、など短時間でもよりお気軽にご利用いただけることと思います。

 

奇しくも今日3月31日はスピリチュアリズム記念日で、日々スピリチュアリズムを学ぶものとしては一年で最も大切な一日です。

 

このような日に、このようなお知らせをする運びとなったのも、今こそこれから一人一人、自分がどう生き、何を幸せと感じ、足るを知ること、真実を見つめ生きていくための第一歩であることのように思います。

 

いつでも皆さんの心に寄り添っております。
ともに今の意味を考え、乗り越えていきましょう。


こういう時こそ人生の見直しを。

このところ新型肺炎ウィルスのパンデミックにより、いろいろなイベントが中止になったり、在宅勤務になったりと、生活に大きな変化がもたらされています。

 

また、世界中で買占めや差別、暴力と穏やかでないニュースが飛び交い、余計に気持ちが沈みがちになったり、不安になるという声も耳にします。

 

話は少し逸れますが、私は昔から北欧雑貨や家具、デザインが好きなのですが、
数年前に欧米でブームになったデンマーク語の「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉があります。

 

「お気に入りのものに囲まれ、心穏やかに心地よい時間を過ごし、充実感や幸福感を味わうこと。

暖かい明りとともに、気の置けない人達と人生やいろいろなことについて話すこと。」

 

このようにデンマークの人が大切にしている暮らし方を意味します。

 

また、同じく北欧スウェーデンの「lagom(ラーゴム)」は「多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」という意味で、何につけ適度に暮らしていく、まさに「足るを知る」生き方のすすめです。

 

どちらも多くを持つことで満たされるのではなく、心豊かな日々の暮らしで満たされる生き方です。

 

これはひとつの価値観ですが、このような混乱の時代にこそ、今までの生活や働き方、生き方を見直し、将来の設計図を描く機会でもあります。

 

家族や友人との時間を大切にしたり、

時間の流れや季節の移り変わりを楽しんだり、

陽の光や自然、草木や花の香りなど身近な自然との共存をあらためて意識したり、

趣味や勉強を楽しんだり、

誰かと比べて自分以上のものに見せようと見栄を張ったりせずに、自然体でいられるように心がけたり。

 

現代は物質至上主義や消費主義であるとも言えます。でも、その先にあるものは自分が望む幸せの形なのでしょうか。

ゆったりと心地のいい場所で好きな人たちと、あらためてそんな話をしてみてはいかがでしょうか。


賢者は歴史に学ぶ

蝗害(こうがい)アフリカではずいぶん前から言われていたバッタの大群が農作物を食い荒らす害ですが、ついに中国西部にまで飛来してきました。

 

蝗害は映画「エクソシスト」でもおなじみの悪霊パズズの仕業というようなことも昔はまことしやかにささやかれていましたが、

日本でも平安の昔から、春、花びらが散る頃に疫神が流行病を起こすことを鎮めるために鎮花祭(はなしずめのまつり)を行っています。

このような災難はいつの時代も「今だけ、金だけ、自分だけ」と傲慢になった人々が正常な愛念と感謝の気持ちを忘れているがために、共存共栄していくことへ立ち返る様、気づきの促しとして疫神が起こすように思えます。

 

こんなご時世ゆえ、先日facebookで「賢者は歴史に学ぶ」とコメントを投稿し、イタリアの学校の校長先生が休校中の生徒にあてた手紙を紹介しましたが、
そこにある通り、17世紀のイタリア、ミラノにペストが流行した状況を記した、マンゾーニの「許嫁」の引用し、

フェイクニュースに踊らされたり、人を疑ったり、食料や日用品を買い漁る「自分さえよければいい」という気持ちこそが自分たちを苦しめることであり、より理性的な判断で行動していかないとそれこそ「病」が勝ってしまう、ということを危惧し、訴えています。
 

世界的にも買い占めが横行し、空っぽの棚の画像を目にすることが多くなりました。

また、アメリカでは銃弾まで売り上げが伸びているとか。

人を疑ったり、奪い合ったり、争ったり、そんな状況で自分だけ満たされても決して本当の幸せは得られません。

 

日本でも60年代のオイルショック、平成の米騒動、東日本大震災時をはじめ、今回が初めてのことではありません。

こんな時こそ、歴史から学び、理性的な行動をとりたいものですね。


持続可能な開発目標

昨日、2014年に最年少でノーベル平和賞を受賞したマララさんと環境活動家として精力的に活動しているグレタさん。
世界に向けて影響力のあるこの2人がマララさんの在籍するオクスフォード大で面会したというニュースが報じられました。

アジアでは香港の周さん(アグネスさん)しかり、世界では真摯に未来を考え、行動を起こしている若い方々がたくさんいらっしゃいます。

 

日本でも学校教育で最近よく耳にするのが、2015年9月に国連で開かれたサミットの中で世界のリーダーによって決められた、国際社会共通の目標SDGs( Sustainable Development Goals )です。
掲げられている17の目標は

 

1.貧困をなくそう
2.飢餓をゼロに
3.すべての人に健康と福祉を
4.質の高い教育をみんなに
5.ジェンダー平等を実現しよう
6.安全な水とトイレを世界中に
7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
8.働きがいも 経済成長も
9.産業と技術革新の基盤を作ろう
10.人や国の不平等をなくそう
11.住み続けられるまちづくりを
12.つくる責任 つかう責任
13.気候変動に具体的な対策を
14.海の豊かさを守ろう
15.陸のゆたかさも守ろう
16.平和と公平をすべての人に
17.パートナーシップで目標を達成しよう

 

時代が違うので、達成すべき目標も自分たちの子供時代とは違いますが、
小学生の時からこういったことに触れ、その目標に向けて自分は何ができるのか、どうなっていきたいのか、ととても広い視野を持つ機会を与えられます。

 

さあ、では今の大人はどうですか?


今働き盛りの40〜50代をはじめそれ以上はインターネットも何もない時代に学校教育を受けたので、情報量も教科書と百科事典と報じられるニュースのみでしたが、今は家に居ながらにして世界中の情報を得ることができます。

 

時代は大きく変わりました。
大人はどうしても変化を嫌い、既存の概念にとらわれて視野が狭くなりがちです。
「前例がない」「今まで通りでいい」が大好きです。

この17の目標は裏を返せば今の大人が成しえなかったこと、または悪化させてしまったものです。

 

老害と言われないためにも、「今だけ・金だけ・自分だけ」という狭い視野、物質中心の価値観を手放さなければなりません。

自分にできることは何でしょうか。


安全で美味しいもの。

食の安全が叫ばれて久しいですが、当サロンでは、

 

こころとからだの両方から余計なものを省き 「自分を知ることで本当の幸せを知り、なりたい自分になる」

 

をモットーに、安全で良質な食材を使って焼き上げたスイーツをカウンセリングのお供にお出ししております。

 

お客様からも

「今日は何が出てくるか楽しみにしていました♪」

という嬉しいお言葉をいただき、今月もやる気倍増です!

 

2月はバレンタインもあり、寒い季節はチョコレートがおいしい時期ですので、今月の前半はショコラのお菓子でおもてなし。

 

自家製のフランボワーズとルバーブのコンフィチュールを添えたとろけるフォンダンショコラ

 

ショコラとモカのオペラ

 

かわいいお花のヴィーガンクッキーを添えたフォンダンショコラ

 

などなど、甘さ控えめでおつくりしております。

子どもの頃にお母さんが作ってくれた美味しいおやつを食べたときの幸せな気持ちと満足感と安心感。

そんな気持ちを思い出していただき、カウンセリングの時間を心地よくお過ごしいただきたいです。

 

これからもカウンセリング同様、お菓子ももっと勉強して皆さんを笑顔にするお手伝いをしていきたいと思っております。


医食同源

日々感染者が増える新型肺炎ウィルスにアメリカでは今シーズンだけで8000人以上の死者を出してるインフルエンザ。

不安をあおるような情報が飛び交う毎日ですが、こんな時だからこそ、必要以上に恐れてパニックになったり、フェイクニュースに惑わされないように冷静に捉えていくことが試されます。
 

特に今年は、誰かがいいといったから、誰かがダメといっていたからなど、誰かに依存したり、敵対するのではなく、

自ら動いて正しい情報を得たり、自分の軸をもって自分の考えで生きることがテーマでもあります。

 

冷静に考えれば、どんな病気であっても自分の免疫力が高ければ外から侵入した細菌やウイルスなどを撃退してくれるもの。

十分な睡眠、適度な運動、入浴で体を温める、よく笑う、バランスの良い食事をとるなど、毎日の生活習慣で免疫力が高まることが実証されていますし、基本の手洗いやうがいで十分予防できます。

 

自分のからだは毎日食べるもので作られます。

遺伝子組み換えやゲノム編集されていないもの、農薬などできる限り使われていないもの、添加物を使っていないもの、

安全で良質な素材を無理なくいただくこと、これだけでも免疫が高まり、十分な予防効果が得られます。

 

「絶対にこれしか食べない」などと神経質になるとかえってストレスになり逆効果ですが、日々口にするものは自分の体をつくるもの。

疎かにしないでどこでどんな風に作られたものか、知らないものが記載されているときはそれは何なのか調べてみること、

ちょっとしたことから気を付けてみることで、自分をはじめ家族の健康も守ることになるのです。


やりたくないことはやらない

新年を迎えると今の自分を見直す機会が増え、

 

「自分には何が本当に向いているのかわからない」
「好きなことが見つからない」

 

という相談をよくいただきます。

 

実は私も大学卒業後、ファッションが好きだったことからアパレル会社に就職し、仕事が生活の中心という毎日を送り、体を壊すこともありました。

そして、ある日、


「こんなことではいけない、すり減っていくだけだ!」 と思い、
「自分に合うこと、生きがいややりがいのあることを見つけて極めていこう」


と転職をすることにしました。

 

そこからは旅行代理店、商社、コスメブランド、webデザイナーなど様々な仕事に携わりましたが、決め手に欠けて器用貧乏になるだけ。

「本当に好きでやりたいことって何なんだろう?」とふたたび迷走し始め、あらためて「何をやりたいかではなく、何をやりたくないか」を書き出すことにしました。

 

その結果、自分が望んでいることが見えてきました。

 

いつも前向きに、ゆるぎない夢に向かって挑戦し続けることは素晴らしいことです。
しかし、そのように明確な夢が誰にでもすぐに見つかるわけではありません。
日々を無難に過ごしていくなかで、自分はどうしたいかがわからなくなってしまうこともあります。


そうした時、発想の転換をしてみてはいかがでしょうか。

 

「好きなこと」と「嫌なことをしない」ことは同義です。
柔軟な発想で、なりたい自分を発見することもできるのです。


未来のために今からできること

2020年。新しい年の始まりです。


今年は9連休という方も多く、休みが長すぎて逆にそろそろ働きたいという奇特な声もちらほら聞こえてきた年明けでした。

 

面白いものであんなに多くの人が

「毎日仕事、仕事で疲れた」
「たまにはゆっくり休みたい」

などといつつも、長い休みが続くとじっとしていられず働きたくなるのです。


人は自分が生まれた意味と同じく、常に今よりも向上したい、という気持ちをもっていることがわかりますね。

 

だからこそ、その気持ちをくじかれるような辛く苦しい出来事が起きても、そこで

 

自分ばかりなんでこんな目に合うのか、理不尽だ、

生きていても何もいいことがない、

辛いことばかり起きる、

 

と人と比べて自己憐憫に陥らずに、
今起きていることは自分の人生にとってたましいの向上のために必要な学びであることを理性的に分析して

「理解して、受け入れ、克服していく」ことで、本当に向上した自分を実感でき、今まで悩んでいたことがばかばかしいと思えるようになって、自信を持てるようになります。

 

向上心といえば、内閣府が発表した13〜29歳の若者を対象とした意識調査では、諸外国(韓国・アメリカ・イギリス・ドイツ・フランス・スゥエーデン)と比べて日本は「親から大切にされている」ということ以外、


自分自身に満足している
自分には長所がある
うまくいくかわからないことに対し意欲的に取り組む
つまらない、やる気が出ないと感じる
悲しい、ゆううつだと感じている
社会現象が変えられるかもしれない
将来への希望
40歳になった時のイメージ(自分は幸せになっている)
家族といるときの充実感や家庭生活の満足度
友人関係への満足度、安心感

 

すべての設問で最下位でした。
向上どころか無気力で受け身的。日本の未来はこのままでよくなるわけがないですね。

 

去年に引き続き、今年も蔓延する情報に惑わされず何につけ「自分の目で、耳で確認し、考え、選択していくこと」が、未来を変えていく一歩になる年です。

未来を変えるために自分にできることは難しいことではありません。

自分らしく責任主体で生きていくこと。

 

早速今日から実践していきましょうね。


| 1/55PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Un thermomètre du chat

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode